ここが凄い

本サイトは、パソコン遠隔電源投入装置「Remote Wake Pro (リモート・ウェイク・プロ)」について技術者向けに書かれております。
本機が、なぜお客様から選ばれているかをご紹介します。

「パソコンの電源を入れる方法」は2つ

パソコンの電源を入れるには、大きく2つの方法があります。

①:指で電源ボタンを押す。(当然過ぎるので、説明は割愛します。)
②:別のパソコンから、電源を入れたいパソコンに対して、電源を入れるためのコマンドを送る方法です。

WAKE ON LANのイメージ

この方法をWake On LAN(ウェイク・オン・ラン)と言います。WOL(ウォル)と呼ぶ人もいます。
本製品は、WOLの技術を少しだけ応用した製品になります。(基本はWOLを使っております。)

Wake On LANについて

Wake On LANについて、もう少し詳しく紹介します。
電源を入れられる側のPCは、WOLのための下準備を行います。
それが終わるとPCの電源を切っても、下の写真のように、NIC(ネットワークカード)はONのまま生きています。
そしてWake On LANの命令が入ってくるのを、じーっと待機するのです。

WOLの設定が完了したパソコンのNICイメージ


WOLにおいて、パソコンの電源を入れる命令のことを「Macgic On Packet(マジック・オン・パケット)」と言います。
WOLやMagic On Packetは、何年も前から確立した技術です。

ここがポイント!!本製品は、「遠隔地からマジック・オン・パケットの命令を受信する装置です!」と紹介すると思ったでしょうか?
答えはNo(ノー)です。
この点が他社製品と大きく違う点です。実はもっと原始的な方法を使用しているのです。

Remote Wake ProはWake On LANを実行する製品

Remote Wake Proは、ラズベリーパイと呼ばれる小型PCをベースに開発された製品です。
ラズベリーパイは、ご存知のとおりLINUXで動いています。
LINUXにおいて、マジック・オン・パケットを配信するコマンドは、以下のとおり定められています。

「sudo wakeonlan + “MACアドレス“」

Remote Wake Proは、たったこの1行の命令文を実行するだけの装置なのです。

Remote Wake ProでWOLを実行

どういう仕組み?

Remote Wake Proの1番のセールスポイントは、「ポート転送」「VPN」、いずれも必要としない点です。
この手の商品は、いずれかが必要になることが多いのですが、Remote Wake Proにおいては、そのような荒技は使いません。
では、どうやって遠隔地からWOLを実行するのでしょうか?
原理は至って簡単です。

1. 文字列が入るのをスタンバイ

Remote Wake Proは、電源を入れると自動的に専用クラウドの「その機器専用のディレクトリ」に接続します。
そこに「文字列」が入ってくるのを「じーーっ」と待機します。

電源を入れた時のRemote Wake Pro

もしあなたが、WOLに関して少しでも精通していれば、上の図を見て「これだ!」と思ったかも知れません。
そうです。この接続方向が、「中から外」なんです!だからポート転送もVPNも要らないのです。

2. 文字が入ると実行!

そして本機の管理用サイトにある「ON」のボタンを押すと、そのパソコンのMACアドレスが、前述のディレクトリに放り込まれます。

(手順書はココをクリック)
ここでRemote Wake Proの出番です。そのディレクトリにMACアドレスが入ると、瞬時に “sudo wakeonlan MACアドレス”を実行するのです。
これによって電源を入れたいPCの電源を、ポート転送もVPNも使わずに投入することができるのです。

Remote Wake ProがWOLを実行

3.意外と原始的な方法

いかがでしょうか?Remote Wake Proって、やっていることは意外と原始的なんです。
MACアドレスが入ると、「sudo wakeonlan MACアドレス」を実行するだけ。だから安定しているのです。
Proxyも対応しています。